顔と肩幅になんの関係があるのか?小顔にはなにも関係ないんじゃないか?そう考える方も多いと思います。

しかし、小顔に見えるかどうかというのには肩幅も大きな影響があるということを知っておく必要があります。

顔の大きさというのは顔の下にある肩、つまり肩幅も関係しています。

理想的な顔と肩幅の比率は顔が1で肩幅が2とされていて、この比率の人というのはそれだけで顔が小さく綺麗に見えると言われています。

肩幅の比率が2よりも大きくなれば肩幅が広いと思われるようになっていき、この場合も顔は小さく見えるかもしれませんがバランスの点であまり良い状態とは言えません。

一方、肩幅の比率が2よりも小さくなっていくと肩幅の狭い人ということになり、その分顔も大きく見えてしまいます。

小顔というのは顔だけが大事なのではなく、肩幅とのバランスが重要であるということになります。

ですが、肩幅を小さくしたり大きくしたりするのは無理だと考えてしまうと思います。

実はそうではありません。

肩の骨が歪んでしまっていたりすると、それだけで肩幅も変わってしまうからです。

肩の歪みを矯正し元の状態に戻すことによって顔も小さく見えるようになる可能性があります。

顔の筋肉を鍛えて小顔になるように努力するというのも大切ですが、肩が歪んでしまっていてはその効果も十分発揮できなくなってしまいます。

整体院などで肩に歪みがないかどうかをチェックしてもらうというのも大切になってきます。

■自宅で小顔を目指すメンズ向け
91Nq3+soVOL._SL1500_
メンズ ゲルマニウム 小顔サウナマスク
→ Amazonでの価格はこちら  
→ Amazonでのレビュー一覧